陰部は皮膚の構造がとても弱くて、とってもデリケート。

 

石鹸一つとっても、何でもいいわけじゃないですよ。

 

もし陰部の石鹸の選び方を間違えていると、

余計にかゆみとかにおいが悪化するかも

 

関連記事⇒陰部の臭いやかゆみの原因はなに?軽減する方法はあるの?

 

陰部のトラブル解消には石鹸で洗う事は絶対必要だから、

正しい石鹸を選んで、陰部を洗ってあげて下さいね。

 

 

陰部には陰部専用の石鹸を選ぼう。選び方は?

陰部の石鹸は弱酸性が基本

陰部には常在菌と言って、悪い菌から守ってくれる良い菌がいます。

 

市販のボディーソープはアルカリ性の為、

この常在菌まで洗い流してしまうんです。

 

そうすると、

悪い菌が繁殖してにおいやかゆみの原因になる

んですよ。

 

だから、陰部の石鹸は弱酸性の石鹸を選ぶ事が大事です。

 

弱酸性の石鹸も市販されているけどどうなの?

市販されている石鹸でも弱酸性の石鹸は有りますね。

 

じゃあ、市販品でもいいじゃん^^ってなりそうですが、

市販の弱酸性石鹸には界面活性剤が入っています。

 

界面活性剤は汚れを落とす成分ですけど、

こちらも常在菌を洗い流してしまうんですね。

 

汚れも落ちるけど、陰部を守ってくれるバリアーも

一緒に洗い流しちゃうイメージです。

 

ですので、

みかみか

陰部石鹸は弱酸性で界面活性剤が入っていないものがいいですよ。

 

 

陰部専用石鹸の臭いを抑制する成分は?

臭い対策と言うと、

・臭いを臭いでごまかす

・元の臭いを抑える

このどちらかですよね。

 

市販の石鹸はどちらかといえば、

においをにおいでごまかす香料成分が入っています。

 

タバコくさーい部屋に臭い付きのスプレーで

においをごまかす感じですかね^^;

 

あれ、「うえっ、くさい・・・」ってなりません?

 

だから、においをにおいでごまかすのではなく、

においの元を抑える必要が有ります。

 

ミョウバン・ジャムウ・アロエ

などがにおいやかゆみを抑える成分です。

 

みかみか

においでごまかすんじゃなくて、においを抑える成分の入っている石鹸を選んでね。

 

 

陰部の黒ずみを抑える効果はこの成分

 

陰部用石鹸には黒ずみを抑える成分が入っているものも有りますよ。

 

黒ずみ対策も

・すでに黒ずんでいる所を白くする

・黒ずまないように黒ずみの原因を抑える

この2つがありますね。

 

すでに黒ずんでいる所を白くするには、

ハイドロキノンという成分が有名ですよね。

 

でも、ハイドロキノンは陰部の美白には

あまりおすすめ出来ないです。。。

 

なぜなら、ハイドロキノンは強すぎるんです。

 

陰部はデリケートな部分。

 

体にやさしくないと傷ついちゃいますから、

ハイドロキノンで黒ずみを白くするより、

これから黒ずまないように

黒ずみの原因を抑える事が大事ですよ。

 

みかみか

毎日あらいながら、黒ずみも抑えられるなんてなんだか欲張りですけど、うれしいですよね^^

 

黒ずみの原因を抑えるという事は、

黒ずみ成分のメラニンの生成を抑えるという事。

 

メラニンの生成を抑える成分は

ジャムウ・甘草エキス・カミツレエキスなどです。

 

この成分が入っていれば陰部の美白効果が期待できますよ^^

 

陰部の美白は、1回洗ったからって効果は見えないけど、

続けて使うと効果が出てくるから、諦めない事が肝心。

 

 

陰部の石鹸の選び方のポイント

・弱酸性で界面活性剤が入っていないもの

・においを抑える成分の入っているもの

・黒ずみの元になるメラニンの生成を抑えるもの

 

みかみか

この3つを注意して、選んで下さいね^^

 

 

実際に使ってわかったおすすめの陰部要用石鹸レビュー

コラージュフルフル泡石鹼の口コミと商品を使って試してみたレビュー

シークレットレディ ジャムウソープの口コミと使ってみたレビュー