イビサクリームの成分とその効果は?

イビサクリームが美白に効果があるのはなぜなのか?

まずは成分を見ていきましょう!

 

1.トラネキサム酸

美白有効成分のトラネキサム酸が配合されています。

 

メラニンの生成を抑える効果があり、黒ずみに働きかけます。

 

 

2.グリチルリチン酸2K

肌荒れを防ぐ作用があります。

 

肌の調子を整えてくれるので、美肌効果も期待できます。

 

 

3.4種類の植物成分

サクラ葉抽出液

カモミラエキス

ダイズエキス

オウゴンエキス

が配合されています。

 

保湿効果や、肌の炎症を抑える効果のある成分が豊富に含まれています。

 

肌の代謝を正常に導き、黒ずみを改善するだけではなく、

健康的な肌を目指せます。

 

 

4.8種類の潤い成分

ヒアルロン酸ナトリウム

シロキクラゲ多糖体

ローズ水

乳酸ナトリウム液

BG

グリセリン

1.2-ペンタンジオール

1.2-ヘキサンジオール

が含まれています。

 

馴染みのない成分もあると思いますが、

それぞれ高い保湿力を持っています。

 

 

デリケートな部分の肌をしっかりと保湿し、

刺激に負けない肌を目指すことができます。

 

 

イビサクリームにハイドロキノンが入っていない理由

 

美白成分といえばハイドロキノンと思う人もいるくらい、

ハイドロキノンは美白効果の高い成分です。

 

 

しかしハイドロキノンは、

効果が高い分肌への刺激も強くなります。

 

 

デリケートゾーンは、ただでさえ他に比べて刺激に弱い場所ですね。

そこに刺激の強い成分を使うには、危険が伴います。

 

 

人によっては、肌荒れや炎症をおこしてしまう可能性があります。

 

 

正しく使わないと、白斑という白いシミができてしまうこともあります。

 

 

黒ずみを早く改善したいと思う気持ちはわかりますが、

そのかわりに肌が荒れてしまったら意味がありませんよね。

 

 

ハイドロキノン入りのクリームとイビサクリームとの違いは?

イビサクリームには、トラネキサム酸という美白成分が使用されていて、

ハイドロキノンは含まれていません。

 

 

トラネキサム酸は、厚生労働省にも認可されている美白成分で、

安心して使用することができます。

 

 

ハイドロキノンほどの即効性はありませんが、

効果が穏やかな分、副作用の心配もありません。

 

 

肌に優しいのに、使い続ければ美白に近づけるトラネキサム酸は

優秀な美白成分といえます。

 

 

トラネキサム酸が配合されたイビサクリームなら、

安心して気になる部分の黒ずみを改善することができますね。

 

 

次のページ⇒イビサクリームを最安値で購入するには?amazon?楽天?市販は?