生理や体調が悪い時に陰部が敏感になっている時に、

石鹸でピリピリしたりしみたりすることがありますよね。

 

 

そんな時、「陰部は石鹸を使わない方が良いのかな?」

なんて思うかもしれません。

 

 

また普段から、陰部はデリケートな部分なので、

「普通に石鹸で洗っても大丈夫かな」なんて思うかもしれません。

 

 

結論から言うと、

陰部に石鹸を使わないより使った方がいいです。

 

 

ただ、陰部に使っていい石鹸と、

使ってはいけない石鹸が有りますので、注意して下さいね。

 

 

みかみか

陰部に使ってはいけない石鹸で洗うと余計ににおいがひどくなっちゃうよ(T_T)

 

 

陰部は石鹸を使わないより、使った方が良いわけ

陰部を石鹸で洗った方が良い理由は、

陰部のにおいの原因は雑菌が繁殖して起こる事が多いからです。

 

 

陰部に限らず、体臭が強くなる原因はいくつかあります。

 

 

食生活や体調、ストレスなども原因の一つですが、

陰部が不潔な状態ですと、汗や雑菌、

または尿素などの影響でにおいが強くなります。

 

 

 

ですので、清潔に保つためには石鹸で洗う必要があるので、

陰部は石鹸を使用して洗う方がいいです。

 

 

陰部に使ってはいけない石鹸とは

しかし、陰部に使用してはいけない石鹸が有ります。

 

 

使用してはいけない石鹸をで洗うと、

逆ににおいが強くなる可能性があります。

 

 

陰部に使ってはいけない石鹸は薬用石鹸です。

 

 

薬用石鹸は強い殺菌力があるので陰部を洗うには不向きなのです。

 

 

「あれ?清潔にしないといけないのに、

強い殺菌力があるといけないのはなぜ?」

こう思われましたよね。

 

 

雑菌を退治してくれるのはいいのですが、

同時に良い菌まで洗い流してしまうのです。

 

 

この良い菌の事を常在菌と言います。

 

 

 

常在菌はもともと肌にいる菌なのですが、

良い状態の時は、拮抗現象といい、

数種類の常在菌が平衡状態を保っているところに

新たな菌が侵入しようとしても定着出来ない状態になります。

 

 

わかりやすく言えば、

肌に常在菌が沢山いるので、雑菌の入るスペースが無いという事です。

 

 

その為、雑菌の繁殖を防ぐ働きがあるという事ですね。

 

 

しかし薬用石鹸など強い洗浄力で常在菌も

洗い流されてしまう事により、均衡バランスが崩れてしまうと、

たちまち雑菌が繁殖しやすくなるのです。

 

 

ですので、陰部に薬用石鹸は使用してはいけません。

 

 

また、陰部が良い状態の時は、弱酸性になるのですが、

市販されている石鹸やボディーソープはアルカリ性の為、

これらも使用しない方がいいです。

 

 

陰部に使っていい石鹸

では、陰部に使ってもいい石鹸とはどんな石鹸でしょうか?

 

 

それは陰部専用に作られた石鹸です。

 

 

陰部専用の石鹸はいくつか種類があるのですが、

その中でも、肌と同じ弱酸性天然の成分で出来ているものがおすすめです。

 

 

特に天然成分のジャムウが配合されてるものが良いですね。

 

 

ジャムウとは、インドネシアの民間療法で使われている、

漢方薬のようなものです。

 

 

天然材料のハーブをオリジナルで配合することで、

その症状に合わせたジャムウを作り出すことができます。

 

 

ジャムウについて詳しくはコチラをご覧ください。

話題のジャムウ石鹸!おすすめは?そもそもジャムウって何?

 

 

ジャムウ石鹸も色々な種類があるのですが、

私のおすすめはジャムウハーバルソープです。

 

 

ジャムウはインドネシアが発祥ですので、

ほとんどのジャムウ石鹸はインドネシアの原料を

使用しているものが多いのですが、

ジャムウハーバルソープは日本の原料を使用して作られています。

 

 

やはり、日本人は日本のお米が一番おいしく感じる様に、

日本の原料が合いますよね。

 

 

ですので私はジャムウハーバルソープを使っています。

 

 

これまで、陰部は石鹸を使わない方がいいかな?

と思われていたあなたも、

これからはニオイケアの為にも、

市販の石鹸ではなく、ジャムウハーバルソープを使ってみて下さい。

 

 

私が使ってみた体験談も書いていますので参考にして下さいね♪

ジャムウハーバルソープ試してレビュー。におい黒ずみ効果なし!?