ジャムウ石鹸は、泡パックをして使うと

より効果を実感しやすいようですが、

実際にどのようにすればいいのか教えてくれる事は少ないですよね。

 

 

せっかく使うなら効果的な方法で行ったほうが、

悩みを早期に解決することにつながります。

 

 

泡パックのやり方やそれによって得られる効果などを

詳しくご紹介します。

 

 

ジャムウ石鹸での泡パックのやり方とは?

ジャムウ石鹸は、普通に使うだけでも効果がありますが、

泡パックをするとより効果が高まります。

 

 

具体的に、その方法についてご紹介します。

 

 

1.ジャムウ石鹸を泡立てネットで泡立てる

泡立てネットを使うと、泡パックする時にたれにくい泡を

つくることができます。

 

 

泡立てネットの水をよく切ってから、

ジャムウ石鹸とこすり合わせてもっちりした泡をつくります。

 

 

ジャムウ石鹸を購入すると、よく泡立てネットももらえますが、

良く泡立つ泡立てネットも有りますが、

なかなか泡が立ちにくい泡立てネットも有ります。

 

 

もらえるものでも、泡立ちの良いものをもらいたいですよね。

 

 

泡立ちのいい泡立てネットがついているのはこちらの石鹸です。

 

 

2.気になる部分に泡をつけて3分待つ

ジャムウ石鹸は、においや黒ずみに効果があるので、

気になる部分(デリケートゾーンやわきなど)に泡を乗せます。

 

 

ゴシゴシこすったりする必要はありません。

 

 

気になる部分の水気も払っておくと、泡がたれにくくなります。

 

 

たった3分ですが、待っているのがもったいないと思う人は、

トリートメントの待ち時間と一緒に行ったり、

他の部分を洗ったりして待っても大丈夫です。

 

 

泡が落ちないようにだけ気をつけましょう。

 

 

3.3分経過したら泡を流して終了

泡パックをして3分たったら、

泡が残らないようにしっかり流します。

 

 

この時も、ゴシゴシこすったりする必要はありません。

 

 

無駄な刺激を与えないように、優しく洗い流しましょう。

 

 

たったこれだけなので、泡パックはとっても簡単です!

 

ジャムウ石鹸の泡パックによって得られる効果とは?

泡パックをして3分待つことで、

天然由来の成分をしっかり浸透させることができます。

 

 

たった3分でも、すぐに洗い流してしまう時とは、

肌触りなどの違いを実感できるようです。

 

 

においへの即効性もあり、ジャムウ石鹸を1度使うだけで

はっきりと効果を実感している人がたくさんいます。

 

 

デリケートゾーンのにおいはもちろん、

人に気づかれやすいワキのにおいにも効果を発揮します。

 

 

黒ずみに関しては、

なかなか即効性を期待するのは難しい悩みです。

 

 

ただ、使い続けることで、黒ずみが改善していきます。

 

 

1度使って効果を実感できないからやめてしまうのではなく、

長く使うことが黒ずみ改善のコツです。

 

ジャムウ石鹸には、無駄な添加物などは含まれておらず、

天然由来の肌に優しい成分でできているので、

ずっと使い続けるには安心です。