生理中に陰部のにおいで悩む女性は多い?原因は?

「普段は大丈夫だけど生理中になると陰部のにおいがキツくなる」

と感じている女性は少なくありません。

 

 

私もその一人で、生理が終わるまで

酸っぱい感じのツーンとするにおいが出ています。

 

 

生理中だけではなく生理前から少しずつ

陰部のにおいが悪化する女性も多く、その原因を見ていきましょう。

 

・子宮の内側を覆っている粘膜や分泌物の経血が空気と触れ合って雑菌が繁殖している
・締め付けのキツいパンツやストッキングで細菌が増えやすい高温多湿の環境下に晒されている
・おりものの分泌量が増えて下着へと付着している
・女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)が増えて皮脂の分泌量が増加している

 

おりものの分泌物が増えたり雑菌が繁殖したりといった影響で、

生理前や生理中は普段よりもにおいがキツくなります。

 

 

女性であれば誰でも引き起こされる体質の変化なので仕方がありません。

 

 

それでも、あまりにも酷いと

「彼氏と会えない」「エレベーターや満員電車の中が怖い」

と様々な悩みを抱えやすいですよね。

 

 

関連記事⇒彼氏に嫌われないように陰部のにおいを石鹸でケアしよう

 

 

生理中のデリケートゾーンのにおいを和らげる正しい解消法は?

生理中のデリケートゾーンのにおいは雑菌の繁殖が最大の原因なので、

清潔な状態で保つのが一番の解消法です。

 

 

関連記事⇒陰部の臭いやかゆみの原因はなに?軽減する方法はあるの?

 

 

具体的に症状を和らげるために私が取り組んだ方法を幾つか挙げてみました。

 

・綿やシルクなど通気性の良い下着を装着して、1日に数回は取り替える
・汗をかきやすい夏場はトイレの中でビデを使って洗浄する
・自宅ではデリケートゾーン専用の石鹸を使って優しく洗う

 

雑菌の数をゼロにするのは難しくても、

下着を取り替えたり石鹸で洗ったりしていれば清潔さをキープできますよ。

 

 

皮脂や分泌物が出たままの状態で放置していると

かゆみやかぶれの原因にもなりますし、

丁寧に洗うケアは女性にとって欠かせません。

 

 

また、ナプキンを小まめに交換していても

アンダーヘアに付着した経血までは綺麗にできないので、

ムダ毛の処理も行った方が良いですね。

 

 

ただ、私は敏感肌が原因なのか、

毛抜きやワックスで引き抜いていて埋没毛が引き起こされてしまいました。

 

 

抜く時の痛みもそれなりに激しいですし、

電気シェーバーを使った剃毛処理を行うのが良さそうです。

 

 

・電気シェーバーを購入するだけでOKなので簡単
・広範囲のムダ毛を一度に処理することができる
・他の方法と比べてコストがかからない

 

 

こういったメリットがありますが、

肌には少なからず負担が加わるので

ローションによるアフターケアを徹底しましょう。

 

 

陰部のにおいを和らげることができれば自分に自信を持てるので、

皆さんも一度試してみてくださいね。

 

 

次の記事⇒彼氏に嫌われないように陰部のにおいを石鹸でケアしよう