ジャムウスティックについて、危険だと書かれた口コミが多数あるので、

どのような危険性があるのか、調べてみました。

 

 

ジャムウは天然成分だしなんとなく安心、と思っている人は要注意ですよ。

 

 

成分は良くても、その使い方を間違えると

ジャムウスティックが膣内で折れる危険性や、

カンジダになる危険性が有りますからね。

 

 

 

 

ジャムウスティックが膣内で折れる可能性は?

ジャムウスティックは、膣内に挿入して使うものですが、

中には膣内で折れてしまう場合があるようです。

 

 

もともと折れやすいようですが、

使い方に注意しないとより簡単に折れてしまいます。

 

 

折れやすくなるのはどんな場合かご紹介します。

 

1.浴室に置きっぱなしにしている

浴室は湿気が多いので、

ジャムウスティックを置いておくと柔らかくなってしまいます。

 

 

そうすると、膣内に挿入した時に折れやすくなります。

 

 

また、使用の際、水で濡らす必要がありますが、

お湯を使うと同じように柔らかくなって折れやすくなるようです。

 

 

2.長時間使用していた

ジャムウスティックを膣内に長時間入れたまま放置すると、

粘液が固まってしまい、取れなくなってしまうことがあるようです。

 

 

固まってしまったものを無理に抜こうとすると、

折れてしまうことにつながるようです。

 

 

 

このように、少しでも使い方を間違えると、

膣内で折れるという最悪の事態につながる可能性があります。

 

 

もし、膣内で折れてしまった場合は、

無理に取ろうとするのはよくありません。

 

 

膣内はとてもデリケートなので、傷つきやすくなっています。

 

 

ビデやローションを使って優しく取り除く必要がありますが、

心配な人は病院で洗浄してもらう方法もあるようです。

 

ただ、膣内を傷つける可能性はできるだけ避けるべきなので、

もし使うなら、細心の注意が必要です。

 

 

ジャムウスティックによってカンジダになる可能性もある?

ジャムウスティックを使ったら、

カンジダになってしまったという口コミを載せている人が結構います。

 

 

ジャムウスティック膣内に挿入することで、

変質した粘液が剥がれ落ちてくるようです。

 

 

それと一緒に常在菌もいなくなるので、

一旦においが改善したように感じますが、

他の菌から守ってくれている常在菌がいなくなってしまうことで、

感染する可能性はあがってしまいます。

 

 

よって、人によってはカンジダになってしまうこともあるようです。

 

 

特に頻繁に使用している人は、カンジダになる危険性も高くなるので、

使う場合は注意が必要です。

 

 

このようにジャムウスティックには危険が沢山含まれています。

せっかくジャムウが配合されていて、いい成分が多いのに残念ですね。

 

 

ジャムウ石鹸は危険なスティックではなく

安全な固形タイプがおススメですね。

 

次のページ⇒ジャムウ石鹸使い方。効果をさらに上げる3つの方法